囲炉裏へ 八ヶ岳大同心雲稜ルート登攀記 トップページへ

まるいさんが書いてくれたレポートをホームページにしました。どうぞ読んで下さい。

大同心全景
かねてより9月にどこか岩登りに行きたいと言っていたところ、佐野さんから大同心がフリー化されて面白いらしいよとの情報。
八ヶ岳は何度も行っている大好きな山域。そこで岩登りが出来るならもちろん行きたい。

「行きたいです!行きましょう〜」と即座に佐野さん情報に飛びつき、佐野さん、助役、私の3人で行ってきました。

写真は、大同心稜から見上げる大同心正面壁とドーム


デ ー タ

【日  時】 2009年09月20日(日)〜09月22日(火)
【山  域】 南八ヶ岳
【ル ー ト】 美濃戸〜赤岳鉱泉〜大同心取り付き〜大同心雲稜ルート〜大同心の頭〜大同心ルンゼ〜大同心稜〜赤岳鉱泉〜行者小屋〜美濃戸
【天  候】 21日:晴れ 22日:曇り
【地  図】 エアリアマップ 八ヶ岳
【メンバ−】  ・佐野さん : リーダー。ベテランアルパインクライマー。
 ・助役さん : 還暦まで後1年のパワークライマー。
 ・まるい  


9月20日 出発

21日夕方 佐野号で大阪出発。途中で事故渋滞に引っかかり美濃戸の駐車場に着いたのは夜中の12時過ぎ。 すぐにテントを張って就寝。


9月21日 登攀

22日朝5時起床。明け方寒くて目が覚める。テントから出ていた助役によるとなんと外は1℃とのこと。
寒いのでテントの中で朝ご飯を食べて、日が上がりきった6時に美濃戸を出発。

空はよく晴れていてめちゃくちゃ良い天気! ロープとギアの入った重たい荷物を担いでえっちらおっちら。 2時間ほど歩いて赤岳鉱泉到着。

久しぶりに重い荷物を担いで歩いたので私は結構バテバテ。
相変わらず良い天気だが、赤岳鉱泉小屋で聞いた天気予報によると明日はどうも下り坂らしい。
当初の計画では今日は短くて簡単な小同心クラックルートを登攀して、八ヶ岳の岩場に慣れてから明日メインの大同心雲稜ルートを登る予定にしていたが明日登れない可能性があるなら先に大同心登っておこうということになり、1時間ほどテン場で休憩してから登攀道具を担いで大同心へ。

のんびりした赤岳鉱泉
朝の喧噪も終わってのんびりした赤岳鉱泉小屋
赤岳鉱泉から硫黄岳へ向かう登山道から一般登山者立ち入り禁止のロープを越えて大同心沢に入り、しばらく歩いてから大同心稜に取り付く。
大同心稜はかなりの急登で、寝不足+テン場までの歩きでバテていた私はのろのろしか進めない…(--;)
1時間半かけてようやく大同心の基部に到着。佐野さん、助役お待たせしました〜;;;

大同心全景と偵察中の佐野さん
大同心全景と雲稜ルート取り付きを偵察中の佐野さん
ここでハーネス、ギアをセット。雨具や救急用品等、必要な荷物をザック一つに詰めて行くことにして、アプローチシューズや残りのザックを基部にデポする。

これから登る大同心雲稜ルートの取り付きは基部から50m程下ったところ。 壁は真っ直ぐ立っていて大きく威圧感がある。フリー化されているというがどんなルートなんだろう?

トップは空荷で登り、後続がザックを背負うことにしていたが、取り付きまでの歩きでバテ気味だった私はザックを免除される。
ありがとうございます〜m(__)m

11:30にいよいよルート取り付き。雲稜ルートは西壁で午前中は日が当たらなくて寒いのだが、ちょうど良い感じに日が当たっていて岩はぬくぬく♪ありがたや〜

1Pをリードする佐野さんと2Pをリードする助役
1Pをリードする佐野さんと2Pをリードする助役
1ピッチ目、リードは佐野さん。グレード推定5.8〜5.9、30m。

冬季登攀した人達から「岩脆いで、大丈夫か?」と心配されたのだが、思ったより岩がしっかりしていて、ガバホールドのフェースをぐいぐい登っていける。
すいすいと気持ちよくリードした佐野さんは上機嫌♪ 私も助役さんも想像していたよりずっと楽しく面白い登りに自然と笑顔になる(^^)

2ピッチ目、リードは助役。グレード推定5.9、30m、要リーチ。

左横に冬季登攀(人工)用のボルトが打たれているが、そこは使わず右に開かれたフリールートを登る…とのことだが、いまいちルートが分かりにくい。
右へ左へルートを探るうちに助役が掴んだ岩がぼこっと剥がれる(^^;) とりあえず岩を崖下へ投げ捨て、左方向にルートを見つけて登り始める。
一カ所助役が飛びつくようにしてガバを取ったところが要リーチの核心部。 フットホールドのないつるっとした凹角部で、私はガバが届かずヌンチャクを掴んで体を引き上げた(^^;) ここ以外はリーチ関係なく1ピッチ目と同じように気持ちよく登れる。

3Pをリードするまるいと4Pをリードする佐野さん
3Pをリードするまるいさんと4Pをリードする佐野さん
3ピッチ目、リードは私。グレードは推定V〜W−、25m。

ルート中もっともアルパインらしいルート。 積み木を重ねたような浮き石だらけの草付ルートで上部のピナクル目指して残置ハーケン沿いに右上していく。
傾斜が緩いので登り自体は難しくないが、掴んだ岩が剥がれないか、足下の岩が崩れないか冷や冷やする。『剥がれんといてや〜;;;』と祈りつつの登り。
草付に足を乗せる時も滑りそうで怖かった(^^;) とりあえず岩が剥がれることも滑ることもなく無事ビレイ点に到着。よかった…

4ピッチ目、リードは佐野さん。グレード推定5.7、20m。

出だしの凹角部がテクニカルで面白いルート。
右へ左へ体を捻りながらステミングを使って佐野さんがきれいに登っていく。 ここもまたすごく気持ちよく登れるルート♪めっちゃ楽しい♪

5Pの終了点でご満悦の佐野さんと助役 6Pをリードする助役
5Pの終了点でご満悦の佐野さんと助役 6Pをリードする助役
5ピッチ目、リードは私。グレードは推定V、15m。

真横にきれいにえぐられたバンドをトラバースするルート。 途中一カ所岩が突き出ていてイナバウアーな体勢になるところが面白い。
高度感はあるが、足下の岩がしっかりしているので気持ちよくトラバースできる。 ぐるっと回り込んだことろがビレイ点なので、声が届くよう大声でコールしたら横岳の稜線までその声が届いたらしく、横岳縦走路の登山者がわらわらと見物に(^^;)
とりあえず助役達と一緒に縦走路に向かってピース♪

6ピッチ目、リードは助役。グレード推定5.10a、25m。

ギャラリーに見守られての登攀になるかと思いきや、ガスが上がってきてしまいあたりは真っ白に。うーん残念!
さてこの6ピッチ目が最終ピッチ。もっとも高度感があって、ルートも被っていてガツンと登りごたえのあるルート。(小ハング2つ有り。)
最初の2ピッチと比べて核心部(2つ目のハング)のホールドも甘め。 めっちゃ助役向きでルートを探りながらも軽快に登っていく。 迷っていると腕がすぐパンプしてしまうので、とにかく迷わず体を上げていくのがいいようだ。
佐野さんが「最後のカンテに出たら壁の傾斜が緩むよ」と言っていたが、いざ取り付いてみるとカンテも薄被りで思ったより力を使ってしまった。 パンプ寸前ぎりぎりセーフな感じで終了点到着(^^;)

最終ピッチをフォローしてきたまるいさん 大同心の頭で記念撮影
最終ピッチをフォローしてきたまるいさん 大同心の頭で記念撮影
登攀はここで終了。後は大同心の頭までちょっと歩いて登って記念撮影。

大同心の頭からは35mの懸垂下降で大同心ルンゼへ下りて、大同心ルンゼ経由で大同心の基部へと戻る。 35mの懸垂下降は最後10mほどが空中懸垂で面白い。

大同心ルンゼはここ歩いて下りるんですか〜;;;というような急角度の下り。 落ち着いて写真を撮っていられる場所ではない(^^;) 岩を登っている時より恐怖感を感じつつ下る。

15:10荷物をデポした大同心基部に到着。ここで装備をはずしてそれぞれの荷物を持って大同心稜を下る。 この後私は大同心稜の下りでガレ場につっこんでしまい焦る羽目に(^^;) お二人ともすんませんでした;;;

縦走路にゴール! テン場では生ビールで乾杯!
縦走路にゴール! テン場では生ビールで乾杯!
16:30、なにはともあれ無事赤岳鉱泉へ到着。生ビールで乾杯。 いつもは高度障害で食欲がない助役も今日はもりもり晩ご飯を食べた♪
朝早くから行動して寝不足だったので晩ご飯の後は即就寝。 19:00には三人ともぐっすり夢の中。


9月22日 下山&帰阪

22日この日も朝5時起床。10時間睡眠。

朝イチは雲が多めなものの青空が見えていたが朝ご飯を用意しているうちに雲が広がり、今日登る予定の小同心はガスの中。私たちのテンションは急降下。
「昨日三つ星レストラン(雲稜ルート)でフルコース食べて満足してるのに、今日わざわざ牛丼屋(小同心クラック)へ行かなくてもいいよな〜」と助役。

そんなわけで小同心クラックはパスして、普段は行かない中山展望台を回って行者小屋経由で南沢を下って下山することに。 うまくいったら今日下山のmayumiさんたちにも行者小屋で会えるかも?と思ったが行者小屋ではmayumiさんたちの姿はなし。

中山尾根展望台で記念撮影 美濃戸山荘でmayumiさん達と嬉しい出会い!
中山尾根展望台で記念撮影 美濃戸山荘でmayumiさん達と嬉しい出会い!
「まだ早いし下りてきてないのかもな〜」と話しながら美濃戸山荘まで戻ってくると「助役〜う!!」と美濃戸山荘前で休憩していた人達が一斉に注目するほど大きな声。mayumiさんだ(^^;)
もう会えないと思っていたので嬉しい(^^)登山口で一緒にバンダナショットを撮ってひとしきりしゃべってから私たちは一足早く駐車場へ。
「無事下山。お疲れ様でした!」と3人で握手して帰途についた。

この後また渋滞に引っかかったりして帰阪は8時過ぎになりましたがみんな笑顔でにこにこ大満足の岩登りでした(^^)

佐野さん、助役、ありがとうございました!すごく面白いルートでめっちゃ楽しかったです。
できたら今度は初夏のお花の季節に小同心クラック登りに行きましょ〜

トップページへ